SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マッキナ 太腕繁盛記

<< 北九州満喫 | main | すてきにハンドメイド9月号 >>
中園孔二と言う人

好きな三沢厚彦さんの作品展が横須賀美術館でやっているので

行きたいなぁと思っていたものの、早く山に籠ってキルトを作らねば

未練がましく横須賀美術館のHPを見ていたら

同時開催の常設展に気になる絵がある。

 

1枚の絵を見ただけでどうしても行きたくなった。

中園孔二と言う作家の絵で、その不思議な絵を描いた人は3年前に25歳の若さで

亡くなっていると言う。

 

三沢厚彦さんのしっかりと存在感のある、ともすればふてぶてしくも貫禄のある

動物たちにすっかり楽しい気持ちになり

本当に見たかった絵なのか半信半疑だった中園孔二さんの絵のコーナーに向う

 

それは不思議な絵で、見ているとなんだか絵の中のおとぎの世界に吸い込まれてしまうような気持になる。

これだけまとまって中園さんの絵を見ることができる機会はそうないかもしれないので

横須賀美術館が遠くてもぜひ行くべきだと思います。

 

 

| - | 02:33 | - | - | - | - |