SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

マッキナ 太腕繁盛記

リトアニア満喫

カッコイイ麻を見つけました
リトアニアの人は静かで親切
食べ物はおいしいし街は美しい


外歩きは寒いので、ヒートテック二枚重ねにカシミアセーターに
ウールのポンチョにコート
そしてマフラー
お腹と背中にカイロ貼ってまっせ

お店に入ると滝の汗
| | 14:02 | - | - | - | - |
ヘルシンキに着きました

着くなり買うてしもた
だって飛行機の中がサウナだったんだもん
30%オフだったんだもん
2時間後にリトアニア行きの便に乗り換えます。
| | 15:28 | - | - | - | - |
ボリボリ茸

楽しみに買ったボリボリ茸の塩漬け
詳しい社長さんに食べ方を聞いたら
そのままお味噌汁に入れると言う

塩漬けとはあるものの水煮みたいなので
言われるまま水気を切ってそのまま入れた。

舞茸などの天ぷらも揚げて
いそいそとお味噌汁を口にしたところ
しょっぱい!
生命の危機を感じるほどしょっぱい

しかしこのボリボリ茸
ほんのちょっと50gもないくらいで
880円もした。
捨てられるわけもない。

ちょうど今日の講習にボリボリ茸に詳しいKさんがいたので
色々聞いてやり直し
歯応えがあっておいしい。
生も食べてみたいなぁ。

| | 23:54 | - | - | - | - |
タクシー強盗の話し

今日で夏休み前の講習はすべて終了
山籠もり用の荷物を作っております。

荷造りに時間はかかり、月曜の昼過ぎまでマッキナにおりますよ。
(何回も書きますが、阪本は夏休みでもマッキナはやっています)

ステンシル用の絵具も取扱いを月曜から開始しますのでお楽しみに!
詳細は月曜までお待ちください。

さて、それでは楽しみに待っている人がいるかいないかは不明ですが
プンさんの同僚が強盗にあった話

チェンマイは昨今観光客が増え、深夜に到着する飛行機も増えているそう
プンさんも同僚もタクシー会社に在籍しているが車は各自持ち込んでいる。

同僚は新車を買ったばかりで早くローンを返したいので、深夜便の着く空港に待機して
長距離のお客さんを積極的に狙っていた

そこにバング○デシュからの観光客が2人やってきて、バンコックまで行きたいと言ったらしい
チェンマイからバンコックまでは750キロぐらいあり、ワタクシたちも飛行機で移動したくらい遠い
東京ー大阪間より遠い
その時点で怪しいのですが、もう飛行機も飛んでいない時間だから
ローン返済で目がくらんだ同僚は良いお客さんだと思ってしまったらしい。

10時間かかってバンコックに到着、するとさらにパタヤまで行ってほしいとその2人連れは言ったらしい。
そこで2人は腕に入れ墨を入れ、満足したからチェンマイに戻ろうと言う。
この時点でタクシー代は5万円を超えていたらしい。
この時点ですごくヘン
だってワタクシの買ったLCCのチケットはバンコックーチェンマイの往復で9,000円しなかったのですよ。

すでに2日間運転し通しだった同僚に、2人連れの一人が俺が運転するから
ドライバーは助手席で休んでよと言い、コーヒーをくれて肩をもんでくれたんだそう。

そして気が付くと道端にタクシーごと置き去りにされ、
変なところに停車している同僚のタクシーを見つけた同じ会社のドライバーが
気を失っている同僚を病院に運び、意識が回復したところで
運賃の踏み倒しと売上金をとられたことが発覚

大急ぎでチェンマイ空港に駆け付けたところ、バング○デシュ行きの飛行機が遅延しており
真新しい入れ墨が目印となって2人連れは捕まったのだそうです。
もらったコーヒーに薬が入れられていたそうで、こんなに長距離を走らせたのも
襲う隙を見つけられなかったかららしい。

外国のタクシーってコワいと思っていたけれど
わざわざ自分が強盗しにいくとはオソロシイ
その時ちょうど、プンさんにマンゴースムージーをあげたところだったので
薬なんか入れてないよと言い訳しちゃったよ。

写真はロティという焼き菓子の屋台
ピザのように伸びる生地を鉄板で焼き、中にバナナをいれて
表面をカリッと焼いてチョコレートとか練乳をかけて食べます。
1皿100円くらい。
おいしかった。

 
| | 00:09 | - | - | - | - |
スムースカレー

最後にちゃんとしたところで食事をと
思い
ネットで探すとグリーンカレーがとてもおいしいと言うレストランを発見


ネットに詳しく行き方を書いてくれてあり
駅を出たらプラザアシーンに入るとある
変ななまえと思いつつ
着いてみるとプラザアテネじゃーん

最初はここにしたくて予約したけど
パラゴンからは歩けないから変更したのだった

宿泊したパトゥムワンプリンセスもよかったけど
こういうクラシックなホテルがいいなー

中のタイレストランがこれまた最高!
おいしかったー

そしてその後、滝の汗をかきつつ搬出終了
2時間ほど寝てすぐに帰国のため出発します。
| | 01:02 | - | - | - | - |
念願の象に乗る

プンさんが何度電話しても出ないオシャレインテリアショップ

チェンマイにはセラドン焼と言う焼物があり、素朴な味わいなんだけど
このショップは建築家がオーナーで
一味違うオシャレセラドンを買えると言うので行ってみた

おー、きれいなブルーに形も美しい
さっそく買い込みました

この後、象に乗ったり(置物)
いろいろして割れ物を買ったことをすっかり忘れ
ホテルの玄関で落として割りました…
| | 10:48 | - | - | - | - |
プンさんの話し

たぶん東京のほうが暑いけど
タイは湿気がすごいので滝の様に汗が出る

不案内な土地でこの暑さでは
油断してウロウロすると体調を崩すので
タクシーを2日貸し切る

ドライバーはプンさんと言う女性で
プンはタイ語で蜂の意味で子供の頃からよく喋るのでそうあだ名がついたらしい

初めて知ったがタイでは番地はあてならない
それは、その通りに最初に出来た建物が1番でその次に出来た建物が2番なので
端から順に並んでおらず
通りを端から端まで探すしかないと言う

そんな訳でなかなか見つからない行き先を諦めずに何度も探してくれる

合間に家族のことやチェンマイのことを聞く

プンさんには二人の男の子がいて
下の子が5歳の時に夫が失踪
それから1人で子供を育ててきたらしい
上の子が二十歳になり
高級ホテルで働くようになった

すると失踪した夫が昨今の文明の利器
Facebookを使い連絡してきたと言う

病気で働けなくなり助けて欲しいと言うらしい

息子は自分のお父さんはお母さんだと言い
あなたのことは知らないと伝えたら
それを聞いたプンさんはそんなに冷たいことは言っちゃいけない
自分のお金を全部あげてはいけないけれど、困らない程度、少し助けてあげなさい
ただお父さんは口の上手い男だから
気をつけなさいと言ったらしい

下の子が小さい時、人にいなくなったお父さんのことを聞かれて
お父さんなんかいらないと言ったとき
プンさんがあなたの半分はお父さんなんだからそんな事言っちゃいけないと言うと
お母さん、病院に連れて行ってと息子がプンさんに頼む

どうしたのと聞いたら
お父さんの分の半分を切り取ってもらうと泣いたらしい

その子も17歳になって優しい子に育っているそうです

同僚のドライバーがバングラデシュから来た観光客に強盗にあった話しも面白いけれどまた今度


プンさんに連れて行ってもらった
チェンマイ名物カオソーイ(カレーラーメン)のお店
このあまり美味しそうじゃない葉っぱの前菜が驚くおいしさ


市場にセットが売ってたけど
日持ちしないので我慢

食べ物ばかりじゃなく
良いもの買い付けましたよ
お楽しみにー!

| | 05:48 | - | - | - | - |
俺の空車サイン

今日からバンコックを離れチェンマイに移動

パラゴンの前からドンムアン空港までタクシーに乗る

三人なので阪本は助手席に座ると
ドライバーがフロントガラスの方を指差してなんか言う

スイッチみたいなものがあり
これをどうにかしろと言っているらしいが
パチパチ入れたり切ったりしたら
どうもドライバーの望みとは違ったらしい

そこでスイッチの横のパネルを持ったら
ただダッシュボードにちゃちな両面テープで貼ってあるだけらしく
パネルが取れた

これは空車サインだったみたいで
乗車したからスイッチをパチパチするんじゃなくてただ切って欲しかっただけなのに
パネルを壊したなーみたいなことになり
ちゃんと貼ってくれよなと叱られる

後ろでお二人はゲラゲラ笑う

そんなこんなでチェンマイに無事つきました
バンコックとは全然違い
のんびりと良い感じです
| | 00:42 | - | - | - | - |
タイ料理

何でも食べそうな顔をしていますが
ワタクシ辛いものが苦手です

そしてパクチーなどもダメなので
タイ料理は苦手

しかしながらタイにいてタイ料理が
食べられないなどとは言っていられないので食べますよ

食べると涙が出てビールがすすみます

朝食は辛くないので助かります

| | 07:52 | - | - | - | - |
松本クラフトフェア

大阪から急いで蓼科に入った理由は
土日に松本で開催された松本クラフトフェアに行きたかったから

日本全国いろいろなところで開催される
クラフトフェアの中でも
松本は出店者のレベルの高さで有名

ただ松本は盆地のせいか暑い
夏の一人合宿中、蓼科から文化を求めて山を降りると暑さで冷蔵庫から出した
野菜のようにくたっとなりますが
昨日も暑かったー

それでもおもしろい作家ブースだらけなので
休憩などせず歩き回りました
写真の小さい箒はキーボード用とおろし金用
本当は大きな箒が欲しかったけど
どこを掃く?

写真にはありませんが竹のスプーンと
左利き用の包丁を注文してきました
それがもう美しくて美しくて
届くまでの間も幸せだ

ものすごく欲しいスツールがあったので
来年までにおこづかいを貯める
貯まったら来年も松本に行こう

| | 12:20 | - | - | - | - |